FC2ブログ
猫とか、フィギュアとか、ボードゲームとか基本的に駄文。
2008年10月31日 (金) | 編集 |
今日はハロウィンですね。
すっかり忘れてたんですが(ここは日本だし、ハロウィンの習慣無いし、子供のコスプレ付き菓子せびりディなんてどうでもいいし)言われて気がつきました。
誰に言われたのかというと・・・
DSCF7413.jpg
「トリック・オア・トリート!ワタクシに、新品のアルカリ電池をくだサイ!」
今日も仕事頑張ってるぜ!!ウィーボ!!
ってか、お前メイドインジャパン(任天堂企画という意味で)のくせにこの西洋かぶれめ。

DSCF7415.jpg
「・・・・今日は、ハロウィンデスね。」
ハロウィンだからってどうということはない。
それにしても日本人って他の文化取り込みすぎじゃね?
その内、スペインの牛追い祭も取り込みそうだな。
「この日には牛肉食べよう!」とかいって。

DSCF7416.jpg
「ワタクシの電池が残り少なくなってきマシタ。HOMEボタンメニューで確認してくだサイ。」
「新品アルカリ電池を~~」って、冗談かと思ってたら、お前意外と切羽詰ってたんだな。
この後、電池交換しました。
ハッピーハロウィーン。
・・・ハッピー・・・なんか?

でもまぁ、折角のハロウィンなんでQMADSのジャックオーランタン(カボチャの化け物)でもしばきにいきます。
スポンサーサイト





2008年10月30日 (木) | 編集 |
そういや、アクセス解析つけてるんですが、ホビコン後の検索ワードがちょっと面白かったです。

版権シール 来ていない ホビコン
ホビコン 版権
ホビコン 神戸 連絡
ホビコン グダグダ
ホビコン 全部 不可 版権
ホビコン 05 神戸 版権 グダグダ
ホビコン グダグダ
ホビコン 版権状況

・・・
イベントのグダグダっぷりを表す見事な検索キーワードっぷりです。

有名所なので知ってはるかと思うんですが、イベントレポならとあるひのコタツガさんでどうぞ。
コタツガさんの情報収集力はかなりスゴイです。
マジでどうやってチェックしてるのだろうか?


ところで、モン娘。ひーらーのチェック模様の塗り方を近々公開しようかと思います。
かといって、もう一度塗り直しから説明するのではなく(もう・・・いやだ(;´Д`)アレ塗りたくない)完成しているやつに(1) スプレーで赤を吹く など簡単なやつなんですが。
今、QMAで「賢者目指すぞ!週間」なんで、ひーらー塗り方公開いつになるのかわからないですが。


2008年10月30日 (木) | 編集 |
葉桜の季節に君を想うということ 歌野晶午 読了。

あらすじ。
主人公、成瀬将虎は親友キヨシと共に、顔なじみの女性愛子からとある事を相談される。
「おじいさんが悪質霊感商法に引っかかって多額の金を毟り取られた後、不審な死に方をしたの。」と。
調子付くキヨシに乗せられる形と、元々の好奇心旺盛な性格とで、将虎はその悪質業者を調べる事になった。
そんな折、自殺を図る女・さくらと出会い、将虎は次第に彼女に惹かれていく。

最初にその文章を見た人はビビるかと思います。
いきなりエロスですから。
女と情交を交わした後のシーンから始まる小説。
内容としては、詐欺会社を巡るものなので連続的に人が殺され、名探偵が殺人者を追い詰めるというミステリーとは違います。
しかし・・・騙された!!Σ(´Д`lll) というのが読後の感想。
人が人を殺すシーンに飽きたような人にはお奨め。
しかし詐欺会社によって人が破滅していくシーンを見るのが苦痛の人にはお奨めできない。
私も「実録!!詐欺手口の全て!!」というようなTVを好まない性質なのでちょっとキツかったです。
いうなれば「カイジ」を初めて読んだ衝撃。
「人って怖いなあ・・・((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル」

以下、ネタばれ含む感想。
ちょ・・・主人公って年寄りかよっ!!
恐らくこの本読んだ全員騙されたと思う。
所々引っかかる文章があったのですが、まさか高齢者だとは思いませんでした。
これはひとえに冒頭のエロスシーン。
性欲旺盛な人はそうなのかも知れませんが、普通あの年でまだ女を抱きたいと思うわけがないという先入観で、主人公は若い血気盛んな男だと思い込んでました。
あと中ほどで出たさくらの売春。
70歳で性行為を行うのはしんどいだろう・・・。

そのせいもあり、悪徳業者に加担せざるを得なかった節子=さくらだとは思えませんでした。
節子の境遇は可哀想だとは思ったのですが、早目に警察に駆け込んでいたら他の人(愛子の配偶者など)が殺されるまでには至らなかったと思うとやりきれません。
しかし、居るよなあ。
リアルでも、こういう「弱い」人。
ここまで落ちる前に行政を頼って欲しいとは思いますが(「何のために高い税金払ってるねん!行政っ!!働けやっ!!」みたいな気概を持って欲しい。行き過ぎるとアレな人ですが。)この節子の行動見てると自分の親は大丈夫だろうかと心配になります。
「子供には迷惑かけたくないから・・・。」その結果、大迷惑です。

この主人公たちは高齢者というヒントは所々出てきてるんですよね。
キヨシが「エロビデオなんて借りてないですよ!ヒッチコックですよ!!」と誤魔化すシーンとか、チャーリーズエンジェルで「ジル」という名前が出たり(2000年の方の「ナタリー、ディラン、アレックス」じゃない。)明智名探偵に憧れてただとか。

そして、中ごろに将虎の過去話が出てきますが、これはれっきとした殺人事件。
しかしそのトリックなど見抜けませんでした。
それにしてもグロいですよね。
人が死んで(それはまぁ、いい)それを裂くだなんて。
よく解らんが、ゴムは胃で溶けなかったのだろうか?
2つのヤクザで同じような手口で死体が2つ出たわけですが、まさか手口をレクチャーしてもらったわけでもないし、たまたま同じようなやり方でヤクをくすねるというのを思いついたんでしょうか。
京と世羅の悲しい話。

安さん。
これもなんか切ない話。
不法滞在した外国人女性と彼女と偽装結婚した男。
この2人の間に出来た娘。
そして、若い男が出来、子供を連れて出て行ったという今の日本にありがちなオチ。
しかしそんな母子に簡単な幸せなんて訪れるわけでもなく、女は男に捨てられ体を病魔が蝕み、未成年の娘は年をごまかし母の居酒屋を切り盛りする。
やりきれない('A`)
普段、安穏とした生活を送っている人間からしたら想像つかないけれど、これもよくある話。
そんな母子の様子を安さんに明かして彼の人生は一変する。
この人ももうちょっとイイやり方思いつかなかったのかと。
彼のした行為に何の意味も無かったのが悲しすぎです。
なんて不器用にしか生きられない人なんだ。
(こういう生き方も良くある。)

こういう散々な人生を見せ付けられた後、とうとう将虎は蓬莱倶楽部に乗り込む事に。
女子社員の家に押しかけ説得して協力を得た・・・と思いきや、だまされたというオチ。
この本の中でこの女子社員2人がかなり気に食いませんでした。
老人が(いきなり家に押しかけてきて怖かっただろうけど。)必死に訴えかけてるのに、そっちを信じずに胡散臭い会社を信じるというのが。
そして老人一人と社長、怖そうな社員を残して会社を後にするっていうのがどういう結果を生むことになるのかとか全然考えて無さそうなのが。
ヘタうったらこの男殺されるってのが解らないのか、と。

機転を利かして逃げるのに成功するのですが、このときの社長の説法が笑えます。
「老人が小銭溜め込んで動かさないから景気が良くならない。(ここまでは納得できる。)だから、俺らが金毟り取ってんじゃん!(って・・・お前らも結局金抱え込むから一緒じゃねえの?と。)
まぁ、詐欺やらかす奴の言い訳なんてしょうもないんですがね。
景気なんてどうでもよく、ただ自分が人よりいい思いをしたいから、人より優位に立ちたいからってだけじゃねえか。
しかも他人のものを掠め取って。

そこまでして金が欲しいのなら違う才能を発揮しろと。

しかし、シルバーシートの件は同意です。
全員がそういうわけではないのですが、結構「俺は優遇されて当たり前!」な人居ますよね。
その荷物退けたらもう1人座れるぞ、とか、そのおおっぴらに広げてる足をたたんだらもう一人座れるぞ(足を広げているのを見るとそこに蹴りいれてやりたくなります。)だとか電車内で結構見ます。
自分は年寄りを見たら割りと席を譲る方なんですが、こういう譲る行為でも中年男性と女子高生と子供は頑として席を立ちませんよね。
今まで見た中で、中年女性、若いOL風の女、学生風の青年くらいしかパターン無いです。
まぁ、それは置いといて・・・。

最後の騙しの仕掛け。
さくらは節子であり、節子は将虎の事を安さんだと思い込んでたという。
この辺も巧みでしたね。
思えばお互い自己紹介してませんでしたから。
そして、名前を呼ぶシーンも一切無かった。
終盤のさくらの計画を明かされた時に「女怖え((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル」と思いました。
「あなたを好きになってた。」
でも「保身の為に殺そうと思った。」とかって。
好きになったからやめようと思ったんじゃなくって、好きという気持ちを理解しつつも殺害計画は着実に進行してたという。
まぁ、最後は救いのあるエンドでよかったです。
刑務所行きは確定でしょうが(どれだけ情状酌量の余地があるのかわからないけど)罪を清算して新たな人生を歩んで欲しいとは思います。

それにしてもこの本。
所々リアルでかなり読んでて欝になりました。
節子が追い詰められる様とか。
平々凡々とした生活って、幸せだなあ・・・。と噛み締められる本。


2008年10月30日 (木) | 編集 |


色々精力的に動画だしてくれてるけど、これは加工屋編の次くらいに笑った。

「お前、俺らの作った飯全部食ってへんやんか!!残すなや!」ってのは、アレなんでしょうね。
徐々に料理が減っていき、短時間で完食するグラフィックが出来ないのは、早食い助長、食品を喉に詰まらせて子供死亡、「訴えてやるー!!!」ってのを防ぐ為・・・ イエ、何でもないデスヨ?

ココ最近モンハンやってないですが、ちょっと久々に猫飯でも食いに行こうかと思わされました。
たまには酒とチーズ以外食ってみます。

そして、薦められて見た動画。
ぶっちゃけ飯食った後、ずっとこれ見てました。
笑いすぎて腹筋痛いわ。

マイリストはこちら
10回中、何故か2回ほどタイトルが「太刀でがんばるぞ!!」になってますが、まぁ気にしないで下さい。
モンハン好きの人以外にも、モンハン知らない人にもオススメ。

コレ見てて気がついたら日付変わってました('A`)


2008年10月28日 (火) | 編集 |
「ホビコンにはもう出ないよ!ヽ(`Д´)ノ」と書いたような覚えがあるようなないような。
今ここに来てホビコンGKの参加を迷い始めました。
馬鹿だとは解ってます、ハイ。

ガレキオンリーってのがやはり魅力的です。
あと、今ここで参加しておかないと「やはり需要は無いのか」と今後のガレキイベントに何らかの支障をきたしそうですし。
ディーラーにとって一番痛手なのは、イベントが開催されない事ですから・・・。
(まぁ、これだけ神戸のイベントでゴタついたのなら運営側も「神戸では、もうやらねえよヽ(`Д´)ノ」と匙投げそうなんですがね)

あと、大きな理由が生まれました。
2008_1028oku0046.jpg
クイズマジックアカデミー(QMA)のルキアここにきて完成の見通しが立ってまいりました。ぼよん♪
あとは軽くやすりかけて形を整える程度。
ワキなどの接着を練り消しで対応しているのでこの写真では肩のハマリとか悪く見えますが、もう大きな修正などは無い状態です・・・多分。
2008_1028oku0047.jpg
2008_1028oku0048.jpg
で、完成したフィギュアってイベントで発表したいじゃないですか。
その事を考えると「版権締め切り Web2009年12月23日 12:00」というホビコンGKが最適なんじゃないかと思ってきて。
問題はコナミ版権(QMA)が降りるのかどうか。
この間の神戸では同じコナミのメタルギアが降りていたから、降りるんじゃないかと希望を持ってるんですが、如何せんホビコンの版権はgdg・・・おっとげふんげふん。
新規の版権物申請って怖いですよね、色々。

ちなみにサイズはモン娘。と同じ大きさ。
なんか当分このサイズでいきそうです(オリジナル10もこれくらいを予定)
広いイベント会場では、この程度の大きさは見落とされそうでどうかとも思うのですが作る方としては楽です。
ビバ!デフォルメ!!
企業抜きするのかとか一切決めてないのですが、今回色々と懲りた面もあるので少数売り切り体制になるかもしれません。
とはいえ、この間の神戸でもひーらーは売り切ることは出来なかったのですが・゚・(つД`)・゚・

版権申請締め切りギリギリまで参加を悩んでると思いますが、当日参加してたら「負け犬め( ´,_ゝ`)プッ」とあざ笑ってください。


2008年10月27日 (月) | 編集 |
コタツガさんの所に紹介されるようなレポ書いて無いので、期待して見に来た人居たらスミマセン('A`)
なんていうか「はわわ、普通のレポ期待してる人が来ちゃいました!」 という感じです。

うちは「ホビコンで見かけた素敵なディーラーさん紹介」よりも「当日(前日までも含む)のイベントについての私的なあれこれ」なんですよね。
「島耕作のアンソロを寺沢大介目当てで買ったら同日販売されてた食いタン12巻に収録されてたんで、力戦車さんに押し付けて来た」だとか。
そんな感じばかり。
しかも昨日の日記で一番最初に書かなくてはいけないことを書いてなかった。
「ディーラーさんはもとより、1時間40分待たされた一般参加者の皆さん本当にお疲れ様でした。そして、その中でうちの物をお買い上げ&写真撮影された方ありがとうございました」

ちなみに、ホビコン関係のトラブルって
「メールは来たが、書類が来なかった。で、版権受付行ったら「書類不備用の列(これがやたら長かった)」に並ばされましたよ」
(ウチはメール来なかったけど書類来たからまだ良かったのか)
版権料100%要求されたとかいうのも聞きましたよ(当然間違い)」
というのもあったなあ。
※ 版権料=ロイヤリティともいう。
売るガレキの値段×5~10%くらい?の金銭を企業に納金する。
%は企業によって違い、全くいらない所も存在する。
全然売れなかろうが、完売しようが関係なく、販売予定申請した分先に支払う。

レポ見てると、今回の1時間40分開場遅れってのは「版権シールの未着」だったらしく。
折角版元さんに版権下ろしてもらったのに、シールの未着で販売できなかったディーラーさんがおられるそうで。
・・・ご愁傷様です。

そういえば今回、壁配置だったんですが異様に後が狭かったです。
実は、WHFの時からそうなんですよね。
その兼ね合いもあって出入りする度にお隣さんに迷惑をかけてしまいました。

個人的に、あの時会場に居たスタッフってどれくらい人材派遣で送られてきた1日バイト(設営入れると2日?)なのか気になります。
なんか経験値を積んできた人という感触無いんですが。
ちょっと突っ込んだ事尋ねたら「ちょっと待ってください」と他のスタッフに尋ねて行くというのが多いように感じられました。


2008年10月26日 (日) | 編集 |
9時からディーラー入場だというので(実際は遅れたようですが。)10時頃に会場入りすればいいかと思ってたのですが、連れが時間をミスり10時30分頃入場。
版権の受付でやたら長蛇の列。
しかも「書類が届いていない人などの不備のある人はこちらへ。」という別列があり、案内があると自分の並んでいる所から人が抜け、また並びなおさせられたり。
(最初から最後尾の人にでも「版権。問題なかった人用列。」だとか「版権で書類届いてない人の列。」だとか分けといたらよかったのにと人事ながら思った。その辺のダンボール切り取ってマジックで簡単に作れるだろうに。)
しょっぱなから「大丈夫なんか?このイベント('A`)」と思わされたり。

不安的中。

開場予定11時。
しかし、アナウンス(以下、ちょっとあいまい)
「11時20分ごろに入場予定しています。」
そしてマイクで呼び出されるディーラー。
「40分頃に開場します。」
(この辺から嫌味でディーラーの拍手勃発。)
「・・・12時頃になりそうです。」
続々と呼ばれるディーラー。
マイクの声が小さく「聞こえねえぞー!」という怒号。
「12時30分くらいになる予定です。」
12時30分くらいに音楽鳴り、入場の支度?
結局、入場が開始されたのは12時40分くらいだったかと。
あまりにもグダグダで入場の見通しが立ってなかった間、私はあいさつ回り、相方は昼飯食ってました。
開場する前に疲れ果てて今回全部のディーラー廻ってません。
一般参加だったら、引き返して三宮のカツ屋に駆け込んでたレベル。

越後屋ごっこに完全に付き合ってくださったのは、カトちゃんでした。
カトちゃん、すげえです。
で、調子に乗って配りまくったので「山吹色のお菓子」品切れ。
結局、自分用には残りませんでした。
「食べてないので、味はわからないですが・・・。」と渡した所「味見してから人に渡してくださいよ。」ともっともなツッコミ受けました。
年始の挨拶菓子にするので今度は味見しとこう。
2008_1026oku0003.jpg
2008_1026oku0004.jpg
2008_1026oku0005.jpg

自卓の様子。
2008_1026oku0010.jpg
一応持ってきていたスティールが哀愁を誘います。

ディーラーさん。
とれぱんぐさん
2008_1026oku0012.jpg
2008_1026oku0015.jpg
2008_1026oku0018.jpg
元ネタ知らなかったけど、造形に惚れて購入。 
軽くYOSHIさんと会話。
さわやかないい人でした。
ニコニコ動画塗装編、楽しみにしてます。

3×3×3さん
2008_1026oku0025.jpg
2008_1026oku0026.jpg
2008_1026oku0024.jpg
(↑のは、こーほくさん塗り)

1年程前?に突如現れた「よつばと!」の凄腕原型師。
ガレキ業界って、ある日突然に凄くいい出来のガレキ携えて現れる人が居るのであなどれません。
実は未だに「3×3×3」の読み方解りません。
サザン?
こーほくさんに「のbさんは”のびー”さんと読みます。」とは聞けたのですが。

アセトンさん
2008_1026oku0028.jpg
ねこのひと。
中山かつみさんバージョン。
WFで買い逃したので是非欲しかった逸品。

東公房さん
2008_1026oku0033.jpg
リオレウス。
アプトノスかわいそうですが、自然は厳しいってことで(モンハン常套句)

ハルキコーポレーションさん
2008_1026oku0041.jpg
2008_1026oku0042.jpg
リオレウス。
小さくてこの写真ではわかりにくいですけど、アイルーが可愛いです。
次こそは版権降りますように。

妖精の箱庭さん
2008_1026oku0050.jpg
2008_1026oku0053.jpg
実物拝見しましたが、チェコガラスの綺麗さが半端じゃなかった。
そういうとなんだか微妙な褒め言葉なんですが、人の歩く振動でかすかにチェコガラスが揺れてるのを見たときに素直に「あーいいアイディアだな。「動かない」のがフィギュアだけど、かすかな揺れでなんか表現豊かになるっていうか、なんというか。」と感じました。
ただ、取り付けがかなりしんどそうだな、とも(;´Д`)
ちなみに、最後には半ケツも見せていただいたw
お土産、美味しかったです。
マジでご飯の上に乗せて食べても問題無さそうです。
最初、知り合いのディーラーさんかと思って挨拶に来てくれた時に固まってスミマセンでした。
「・・・Mさん?でもさっき挨拶行ったし。」とフリーズしてました。
徹夜明けで大変な中、お疲れ様でした。

まぁ、なんだかんだとグダグダなイベントではありましたが、ディーラーさんとの交流は楽しかったです。
文句ばっかり言っても、こうしてイベントを終えると「また参加しよう。」と思わされるんですよね。
特に今回は、謎の2時間(会場内で居る分には「版権のゴタゴタか。」と解るんですが、外で待ってると全然情報入ってこずに不安だったと思います。)で開場が遅れるなどしたので、オリジナル限定でのディーラー参加なら問題無いかと迷ってしまいます。
ねこさんがかなりやる気をなくして頑として「もうあんなイベントに金払いたくない。」と言ってるので、私の一存では決められないのですがね。
それでもまぁ、ジャイアン理論で「お前がROUNDで私がFACERなんだろう?だったら俺様の言うとおりに従え!オラ、きりきりとオリジナル10作りやがれ!」と無茶通すというのも一つの方法。

今日は、色々と衝撃情報満載でした。
某人がテレビ持ってなかっただとか。
誰に聞いても某イベントはきな臭いだとか(立ち話していたら第三者の方まで「ああ、アレね。アレは・・・」と話に参入してくるという。)
皆、結構ホビコンに寛容(というか諦めてる?)で、版権が降りずにグダグダ言ってる自分の方が狭量だというのが思い知らされたり。
ヒゲじいは子育て経験あったんだとか。
↑これが一番驚いた。


2008年10月26日 (日) | 編集 |
「ひーらーは版権が認められ、すてぃーるがダメだった理由を考えよ。」
※参考 同じ作品、違いはMHP2nd内の服装と髪型。
サイズ、値段は双方同じ。
同原型師による造形。

ねこさん「刃物持ってるから。」
「すてぃーるを肌黒に塗ったから人権侵害だと思われた。」
ねこさん「スカートが短すぎた。」
「ひーらーより多い数で申請したから。」
ねこさん「すてぃーるがドロ人形だから。」
「鎧着てるから。」

・・・難問です。
教えて、えらい人。

「ニイさんの会社の同僚の嫁さんがカプ○ンの元社員だったんだけど、彼女がまだコネ持ってたら軽く聞いていて欲しい問題だ・・・。」

というのを今日の会場で愚痴ってたら、
「ホビコンはオリジナルを出展する場所。」
「WFと比べて安価なんだから「しょうがない」の精神で。」
「カプコンさんなりの基準でのすてぃーるが版権降りなかった理由がきっとある筈。(きっとパンツ見えてたせいだ。)」
などなど、諌められました。
愚痴りすぎてみっともなかったと猛省。
尚、事情を知っている人がほとんど開口一番「この度は、ご愁傷様で・・・。」というような切り出しをなさってたのが面白かったです。

エロかったという理由ですてぃーるが落ちたということは納得できても、ハルキコーポレーションさんのリオレウスが版権降りなかった理由を知りたい。
すげえイイ出来だったのに。
アイルーも可愛かったのに。


2008年10月25日 (土) | 編集 |
「みなさん こんばんはニャ」
「ニセ・ステーション第4回のお時間ですみャ」
2008_0424oku0005.jpg

「いよいよ明日はホビコン05神戸ですニャ」
「ROUND FACERの出展物はこちらですみャ」
2008_0424oku0012.jpg

オリジナル08
2006_021410025.jpg

オリジナル09
9b4.jpg

モン娘。ひーらー
2008_0721oku0012.jpg

モン娘。すてぃーる(未定)
2008_0721oku0005.jpg

「以上の4アイテム予定してますニャ」
「すてぃーるは・・・明日にならないと解りませんみャ・・・
2008_0424oku0009.jpg

「結局、連絡来なかったね・・・」
「同じアイテムのヒーラーだけが降りてるのが、納得できないみャ」
2008_0620oku0025.jpg

「色んな不安が有るけど、明日は思う存分楽しみますニャ」
「燃え尽きて真っ白になってるかも知れないけどみャ」
2008_0424oku0014.jpg

「番組の途中ですが・・・
すてぃーるの版権が降りなかった事をお知らせします。」

「「!!!!!!!!」」
2008_1025oku0004.jpg


2008年10月24日 (金) | 編集 |
2008_1024oku0004.jpg
2008_1024oku0015.jpg
2008_1024oku001.jpg

「版権結果来ないねえ。」
ねこさん「もう落ちたものだと思ってるからどうでもいい。」
「折角メーカー抜きで再販したのにねえ。それにしても他のディーラーさん(大手)は版権通ってるのに、自分らが連絡無いってのは何か釈然としないねえ。しかも同じ作品(MHP2nd)のヒーラーは連絡来たのにスティールが来ないってさあ。」
ねこさん「これって、孔明の罠なんじゃないかと思うんだ。」
「・・・というと?」
ねこさん「つまり、こんな面倒くさい版権って嫌だよなあ、と思わせておいてオリジナルのディーラーを増やそうというホビコンの策略だったんだよ!!
「な、なんだってーーーー!!」

という会話から生まれたコラ。
そんな涙ぐましい努力(?)の甲斐なく「もうホビコンには出ません!」というディーラーさんが出てきているのも確か。
まぁ、ウチも今後ホビコンには出る気ありませんがね。
版権料が上がり、どれだけスムーズに事が進むのかわかりませんが、信用第一。
今のこの状態でホビコンに金落とす気にはなれません。

ホビコンGKには心揺さぶられたのですが、2階に分かれる会場(どんなのか行った事無いのでわかりませんが。)と場所が東京だというのと、今のイベントに尽力していないのにもう次のイベントのアピールをしでかしたのには閉口しました。


2008年10月24日 (金) | 編集 |
超・殺人事件 推理作家の苦悩 東野圭吾著 読了。
8つの話で綴られる短編集。
多額の税金と徴収される作家やら、自分の作品をかけて編集者に犯人当てをさせようとする作家、何故かマイナーな自分の作品通りに殺人が行われてしまう作家などなど。
世にも奇妙な物語にも使われたネタがある、軽い作品集という感じ。

風邪ひいて意識が朦朧としている中で読むのには最適な本でした。
(馬鹿にしているわけではなく。)
かなり毒がキツイ作品。

以下、ネタばれ。
世にも奇妙な物語で使われた「超税金対策殺人事件」
筆者の実体験が混じってるのだろうな、という感想。
取りすぎての返還には中々応じないくせに、多少の金額でも搾取出来るとなったら何の変哲もない一市民の給与事情まで探り当ててくるのは凄い才能を持っている税務署。
ここはフィクションとは思えません。

税金対策の為にかなり無茶苦茶なストーリーになった作品。
「世にも奇妙な~」で爆笑した思い出が。
そのオチは忘れましたが、小説と同じだっけ?
作品内に「歌」をどんどん入れろ!と書かれてましたが、カスラック・・・もといジャスラックに「歌使用料」として搾取されるのでは?と余計な心配しました。

超理系殺人事件。
漢字恐怖症だというのが、わが身に滲みました。
56ページなんか悲鳴物。
専門的な所は抜かして読んだらオチが笑える。
ナルホドね。

超犯人当て小説殺人事件。
トリックは解らなかったけど、冒頭の文が問題編(小説の内部)だというのは解った。
オチは予想がつくけど面白い。

超高齢化社会殺人事件。
かなり毒がキツイ。
本が売れない=新しい作家のなり手が居ない=作家が高齢化=新しい読者がつかない=以下ループという感じで。
中身の全く無いケータイ小説(笑)が流行ってる中、今の作家さん達の心中はどんな感じでしょうか。
読書感想文をネットに転がってる他人の物を流用する時代、本離れはますます酷いのでしょうね。
お察しします。

超予告小説殺人事件。
これ、イマイチ解らなかったのですが作家を推してくれてた編集が事件に関わってた、ってことじゃなかったんですよね?
たまたま予告編を見た一読者が自分が殺したい女と小説の中で殺される(予定)の女の境遇とダブってたので思いついたってことなんでしょうか。
マイナーな作家に肩入れする編集が怪しいと感じたのですが、最後の最後でそれらしい描写無かったんで。
単に自分がアホなだけかも知れませんが。

超長編小説殺人事件。
これも毒がキツイ。
一読者としては、長けりゃいいってものじゃないとは思うのですがね。
野球の注釈入れてるところがかなり笑えました。
ン年、野球は中断していたがある年に復活した、とか。
これも実体験なんでしょうか?w

魔風館殺人事件。
短っ!!
たまに「作者急逝のため~」というのが本当にありますが、この時のファンの心情ってどうなんでしょうね。
個人的には「あの時、連載再開しなければ良かった」と思う事も多々有る作家のファンとしては・・・。
暁!!男塾やフラッシュ!!奇面組の事じゃアリマセンヨ?

超読書機械殺人事件。
書評というのは気にした事無かったので、あまりピンとこない作品。
どんな評論が下ってもどうでもいいです。
ネタばれさえしてくれなきゃ。
「アタシは映画大好きなのよ!!」と自称してるカマが、翌日見る映画のネタばれをTVでかましてくれた時には「お前は映画について金輪際語るな!」とTVを割りそうな程激昂しました。
ファッションチェックしているカマ1号(どっちが2号かは知らん。興味ないし。)と共に引退しろ!と思いました。
人の言う事なんていい加減です。
感性だって違うし。
個人的には評論家なんていらないと思います。


2008年10月23日 (木) | 編集 |
「当日版権が当日に降りる事ありますよー。ブツは用意していた方が・・・。」というアドバイスを頂きました。
ありがとうございます。
問題は当日(版権が降りるとして)渡される書類に不備が無いかどうか・・・。
もし不備があったらそこで試合終了ですよ。

そんな欝になる話は置いといて・・・。

山吹色の菓子(公式サイト)届きました。
yamabuki_minib.gif

日曜の晩に注文して木曜の朝に届くとは・・・有限会社 セントラル・スコープ殿、おぬしも悪よのう(褒め言葉)
ちなみに届いた時、思わず品名を凝視して配達のおっちゃんに不審がられた。
こんな品名、見てビックリしないほうが変だ。
2008_1023oku0121.jpg
「例の物も入っております故・・・良きにお取り計らいを」
すげえ、こんなところまで小ネタ入ってるぜ!
うむ、ワシに任せておけい。
たっぷり宣伝してやるわ、うわっはっはっ!!
・・・調子に乗りました、スミマセンごめんなさいもうしません。

中身はこんなの。
2008_1023oku0123.jpg
そして結構分厚い。
2008_1023oku0126.jpg
ティッシュと比較。
6・5センチ。
下に敷いている風呂敷は「ブログをお持ちの方はアドレスをお教え下されば、袖の下として風呂敷1枚サービスします。」というもので、今回同封されてきた物。
ふうむ、細やかな気配り、気に入ったぞ!有限会社 セントラル・スコープ殿。

会場で開封する気なので今回はここまで。
9個という数の金子(きんす・・・というか本当は菓子。)なので、自分の分が残るかどうか不明です。
4ディーラー回る予定なので、もしそこにお連れさんいたらピンチ。
もうちょっと高くても数が入ってたら良かったのですが。
どんな味は確かめられるかどうか微妙です。
ちなみに胡麻風味和風パイらしい。
饅頭じゃなくパイ。(なんでパイ?)
ゴマするために胡麻風味。
素敵過ぎます。


家族が滅茶苦茶興味津々に見てきたので年始挨拶周りの菓子にはこれにするかとも考えています。
丁度、お歳暮・御年賀の予約やってるしね。
(宣伝、宣伝。)

あと、他のイベントでも用意して振舞おうかと。
今度は「黄金色の菓子」(公式サイト)でな。
「ほっほっほっ。某様。この度はご招待頂きありがとう御座います。」
「うむ。そちの働き、聞き及んでおるぞ。」
「今宵は、某様の好物をお持ちいたしました。」
「ほほう、ワシの好物・・・とな?(ニヤリ)」
「(不敵に笑み、ここで開封)こちらにて・・・。」
黄金色の菓子。
「フハハハハ。高瀬や。おぬしも悪よのう。」
「いえいえ、某様こそ。」
を夢見てる今日この頃。

ところで、水戸黄門の視聴率が1ケタ代だというのを聞いてリアルにヘコんでいます。
時代劇めっちゃ面白いぞ!!皆、見ろ!見ろ!!
なんてったって悪人が是正されるんだから。
今のこんな世の中、悪が淘汰されるなんて、すげえ夢物語です。
リアルじゃありえないよ!('A`)

余談。
QMADS
ねこさん「ひいっ!!「水戸黄門の黄門様を演じた人順に並べ替えよ!」が問題で出た!助けて!」
「簡単じゃん。東野英治郎→佐野浅夫→石坂浩二→里見浩太朗な。」
ねこさん「なんでそんなの覚えてんだよ。」
常識じゃねえか。とはいっても、石坂浩二のやつは見てなかったけど。大体、うっかり八兵衛を消すっていう行為が信じられねえよ。それにしても、今の黄門様役の里見さんいいよな。以前無理やり家族に舞台見に連れて行かされて生の里見さん見たけど、ありゃいい男だったなあ。里見さんと松平健さんは2大イイ男だよなあ。マツケンサンバの時にはひっくり返ったけど。以前は高橋英樹も好きだったんだけど、娘を無理やりフジテレビに入社させたとかいうきな臭い噂があって以来どうもダメだなあー。つうか、作業しながら見る為に「暴れん坊将軍」と「水戸黄門」のDVD欲しいんだよなあ。海外物ばりにもうちょっと安かったらなあ・・・。あ、依頼主が酷い目に遭う「必殺シリーズ」は自分的にはNGなんよ。なんで勧善懲悪物の時代劇見てるのにかわいそうな依頼主見ないといけないんだっていう。あと、中村主水は妻が居ながら愛人作ってたり他の女に色目つかってたりとしてあそこがダメなんだよなあ。あの時代特有の「一途に想い合う」男女。これが無いとアカンよ。大体、侍やら大和撫子って絶滅したよなあ。大和撫子が好きだからって別に男の一歩後ろに下がれってことじゃないんだよねえ。「清楚で凜として慎ましやか」これが一番大事なんだよ。」
ねこさん「駄目だこいつ・・・早くなんとかしないと・・・。」


2008年10月22日 (水) | 編集 |
こんな愚痴見て面白いと思う人が居るのか、それとも「こいつ馬鹿でー!」とあざ笑われてるのか、「イベント数日前に版権についてのゴタゴタ書くなんて、さすが高瀬!おれたちにできない事を平然とやってのけるッそこにシビれる!あこがれるゥ!」と思われてるのかイマイチ解りませんが、まだまだ今日もホビコンの愚痴。
というか、愚痴くらいしかこのイベントについて語れない。
今のところ「わーい。イベント前だ。楽しみだなあ。」というよりも「当日版権だからってイベント当日に版権の可否が解るというドキドキ仕様じゃありませんように。」という不安しかない。

昨日の日記で「モンハンの版権って降りてんの?」というのに「キューズQさんは降りてますよー。」というレスを頂きました。
ありがとうございます。
それを武器に今日電話でホビコン事務局に問い合わせようかと思ってたんですが。
結果・・・。

しばらくの呼び出し音の後「AU留守番電話サービスです。」
ちょっ・・・。
イベント数日前(だから不測の事態とかの為に電話くらい繋がるようにしといてくれよ)のこの時期に電話繋がらない。
今読んでる小説の中での「詐欺会社は留守番電話に設定している。平日のこんな時間にも関わらず事務所に人が居ないというのは通常ありえない。クレーム対策の為、常に留守電にしておきクレームをつける人間を門前払いにする。そうすることでクレームをフィルター処理しているのだ。」という文が頭をよぎりました。

なんつうか今、ROUND FACERの荷物が我が家にあるのですが、これを送付せずにイベント当日ずらかって沖縄にでも遊びに行きたい心境だ。
エセモンハン沖縄ツアー一人旅。
「二者択一で選んだガレキ系イベント。しかし、そのイベントには様々な罠があった。もしツアーを選んでいたら、と悔いるオタク。ムカついたのでイベントを蹴り、沖縄一人旅行を決行したら殺人事件に巻き込まれた!温泉見せ場でポロリもあるよ。」というサブタイトル付きで2時間ドラマ構成で。

いや、マジな話。
キャンセルも視野に入れてました。
モン娘。ひーらーの版権が降りている(進行「可」というのしか聞いていないけど。)ので、それを下ろしてくれたカプコン様に対しての義理が無ければこのイベント、欠席してたと思います。
あと、欲しいガレキもあるから行かざるを得ない。

なんか他所様のブログで「申請した覚えの無いアイテムの版権が降りてた。」とかいうのを見ると頭抱えたくなります。
ウチも以前「Aというキャラを申請したのですが(その時版権は無事降りて)郵送された誓約書見たらキャラの名前がBになってた」というボケかまされましたから。
もしそれがイベント当日だとか数日前で書類の変更きかない時期だったらと思うとゾっとする。
ちなみにその時には「スミマセン!版権元さんのミスでした!!」とウソか本当かわからない言い訳されました。
真実は闇の中。


2008年10月22日 (水) | 編集 |
白馬山荘殺人事件 東野圭吾著 読了。

あらすじ。
「マリア様はいつ帰るのか。」という絵葉書を妹・菜穂子に送った後、兄の公一は毒を飲んで死んだ。
過去にノイローゼを患っていたからと公一の死は自殺として処理されたが、菜穂子はその死に疑問を抱く。
親友、真琴と共に兄が死んだ白馬のペンション「まざあぐうす」を訪ねる。
ペンションの各部屋には謎を秘めた「マザーグース」の歌。
果たして兄は本当に自殺だったのか?
そして、意味ありげな「マザーグース」の秘密とは?

ざっと見た感じ、何故か「かまいたちの夜」を連想してしまった。
スキーするにはかなり不便で特に何も特色の無いペンションだとか、ペンションの女性従業員の容貌だとか、暗号を解くというのが「宝探し編」っぽくて。

以下、ネタばれ含む感想。
最初のマコトの性別は「やっぱりね。」と。
こういった「性別をちゃんと書いていない時には疑え。」というのはミステリー読んでて身につきました。
かといってこれが事件に関係あるのかと思えばそうでもないし、女性的な菜穂子とどちらかというと頼れる男性的なイメージの真琴というのを表現しただけ?

プロローグ1。
後々出てきた「宝石を埋める男」

プロローグ2。
事件の中枢的な「菜穂子の兄の死」

これで事件の全容が出た・・・と思わせておいて第3の殺人(というかこれが一番根底にあるというか最古の殺人)元々のペンションの持ち主であった未亡人の子供殺人。
オーナーが子供の死に関与したのだろうな、ってのが読めてしまったのが残念。
女性の怨念を込めて「この建物の改築などは一切しないように。」という遺言とかも復讐かと見えてしまいました。

結構簡単な事件なんですが、ややこしくしようとしたのかミスリードを誘う為なのか必要のない人たちの出演は余分だったと感じました。
菜穂子に色目を使う中村・古川コンビだとか芝浦夫妻だとか。

ノイローゼ気味であり、普段は内向的な性格であった公一が何故上条の誘いに乗ってしまったのかという説明もちょっと希薄かと。
同じ大学の学生だっただとか公一自身が好奇心旺盛な性格だったなら「旅先で知り合い、謎を解かないか?と声をかけて結果的には巻き添えにしてしまった。」というのにも納得出来たのですが。

捨てた我が子へ宝石を残すってのも、(アレがホンモノだったとして)宝石店が紛失に気づきその時に警察に届け出て金額的に一致してたら息子には一銭も行かず宝石店に全部戻るのでは?
所有者から盗まれたものは遺失物とはならないから、俗に言う「落とした人間は拾った人間にその物の何割かを支払わなければならない。」というのも該当しないし。

人里離れたペンションで、連続して人がばたばた死んでいくわけでもなく、外界とも分断されるわけでもなく、素人探偵が全てを見抜くわけでもなく、なんていうか普通に警察は有能でした。
それでも石橋転落殺人、密室服毒殺人は放置して、捜査の有能っぷりを発揮するのが「警察がそんなことだから人がどんどん殺されていくんだわ!」という菜穂子の一言以降なんですが。
警察が手の内を見せないくせに(そのせいで読者の与り知らない所で事件が解決へと向かっていく。)「あなたは炭焼き小屋へ行きましたね?」とか言うものだから、読者置いてきぼり感が強い。
しかもなんだかこの刑事(警部?)へ好感が持てづらい。
見栄えが良い訳でもないし、紳士的というわけでもないし、菜穂子達に友好的というわけでもないし。
情報は掠め取るが、そっちにはリークしねえぜという姿勢がちょっと気に食いませんでした。
一応「事件に協力させるから、それで兄への供養しろ。」という態度でしたが。

解読したという暗号のどんでん返しにはビックリさせられました。
マザーグースに馴染みの無かったせいか暗号を解こうという気力はわきませんでしたが。


2008年10月21日 (火) | 編集 |
ホビコン神戸。
ウチはZ74なんですが、
Z75さんが判明しました。
「Little pink summer」さん&「サイコロキャラメルの謎」さん。
ゴブッ!!!(吐血)

ちなみにZ73は現時点で不明なんですが、Z71-72は「桜前線」さん

最初の30分くらい(多分それくらいまでには両隣さんのは売り切れる。)まで人の壁によって視界が遮られるから最初に買物行って来ようかな('A`)
ホビコン大阪の時だって、某大手さんが近くだったんですがすげえ列の形成っぶりだったよなあ・・・。

ああ、それにしても「Little pink summer」さんの摩央姉可愛いなあ。
隣から金出して「すみませーん。摩央姉ください。」って買っちゃうか?(←マナー違反です。)
言っちゃうか、そんな事も…!



そして。
カプコン(というかモンハン)版権の方で、版権降りてらっしゃる方いらっしゃいませんか!?
(お客様の中でお医者さまはいらっしゃいませんか?のノリで。)
金曜着にあわせるつもりで一応荷造り完了しましたが、メールの返答も無くこりゃ時間作って直接電話するしか無いよなあ、と考えております。
平日の12:00-18:00って、一般会社員的にかなり厳しい時間なんですが。
それ以前に、電話・・・繋がるんかいな?
一番最初のイベントの時の不備の時には(なんか毎回不備がある気がする。)メール出した数時間後には直接電話がかかってきただけに、今回メールの返答が一切無い(我々だけに限らず他のディーラーさんもそうらしい)というのは、WHF・WFが無い今かなりイベント運営に手を抜いている気がする。
参加費集ってドロン!ってされそうでかなり嫌なんですが。


カプコンのモンハン沖縄ツアーに参加申し込みしときゃ良かった('A`)


2008年10月20日 (月) | 編集 |
>拍手レス

捕捉という程でもないです。(変な日本語だ)
私も利用させてもらってる一人ですので。
今後とも、よしなに。

以下、愚痴。
場末の酒場でオッサンが一人、安酒飲みながらくだまいているような文章が嫌いな人にはお奨めできない。

ホビコン公式サイト、今日更新されたので見に行ったら「ホビコンGKのWeb受付開始だとか、版権申請手数料値上げのお知らせ」だとか。
値上げするのはまぁしょうがないけど、その前にちゃんと仕事しろよ。
先週ディーラーリストあげてる予定だったらしいですが、あそこは(Pinky:Stの発売予定ずれまくりVANCEと共に)時間の感覚がどこかおかしいです。

500円値上げするのなら今度からディーラー証などの重要書類は「普通郵便」で送りつけることもなく、ちゃんとメール便だかなんだかで送ってくれるのでしょうか?
ちょっと今回ビックリしました。
・・・普通・・・郵、便だと・・・?と。
宅配とはいわん、せめてメール便。
※追記 「メール便はあてになりませんよ。」というレスを頂いた。
恥ずかしい、ぎゃー。
郵便メールの酷さは知ってるけど、クロネコメールでもダメなのでしょうか?

あと、何がどうなって今の物価高と版権の手続きがどう関係あるのか解りませんが(純粋に参加費用が上がらずに版権代だけが値上がりというのが理解できん。)値上げしたとしたら、イベント○日前にはちゃんと版権の可否が解るようになるのでしょうか?
金曜日までにペリカンセンターに到着するように荷物を送らないといけない身としては、版権物数十個を荷物に入れていいのか(それとも一切版権降りないのなら手搬入でいけるので)送るべきか送らないべきかサッパリ解らないので荷造りする事すら出来ません。



「ねこさんや。ホビコンGKに出たいのですが。」
ねこさん「何故?」
「ガレキオンリーってそそらね?入場前に通りすがりに了承無く写真撮られたり、色々とわずらわしいのが無いんデスヨ!」
ねこさん「本音を言え。」
「安西先生、そこでしか入手できないガレキが欲しいです。」
ねこさん「一般で行け。」
「一般で行くくらいなら出展して少しでも赤字補填したいじゃないですか!ねこさんだって「もうやめて!自分の貯金はゼロよ!!」じゃないですか。」
ねこさん「人の懐事情をこんな所で晒すな。」
「WF冬中止だしぃ、トレフェス行く気無いしぃ、ガレキオンリーって最高じゃん?」
ねこさん「アホの子のような話し方はやめなさい。・・・そこまで言うなら行ってもいいけど。」
「・・・けど?」
ねこさん「版権物はWF以外にはもう出す気にならない。」
ギャフン!!


2008年10月19日 (日) | 編集 |
山吹色のお菓子
yamabuki_minib.gif

時代劇マニアとして、これの受け渡しは生涯で一度くらいは経験したい所ですが、来週のホビコンで実現しようかと思ってます。
来週のイベントに間に合うかは微妙ですが、このアドレスを伝えたので(多分見に来ると想定して)プレッシャー・・・おっと、日本風に重圧をかけてみる。
有限会社 セントラル・スコープ様、よしなに。
ついでにブログパーツも作ってください。
貼りますから。


(袖の下として風呂敷を下さるそうなので)その風呂敷を先方の目の前で解き、そこに現れるは「山吹色のお菓子」と書かれている何やら怪しげな黒い箱。
「○○様(ディーラーさんの名)は、美食家だと聞きましたので・・・。」と怪しげな笑みと共に箱を開ける。
箱の中身は、山吹色の(文字通りの)菓子。
(本来ならその箱ごと渡したい所なんですが、金欠ゆえ)1包掴み、そっと相手方に握らす。
完璧です。
是非、相手様に「お主も悪よのう…」と言われてみたいところです。
ひかれたりしてな。


・・・人間、風邪ひいてるとロクな事を考えないという事で。


2008年10月19日 (日) | 編集 |
猫アレルギーだったらどうしようか。
カメムシ大量発生してるくらいのド田舎在住なので、色んなアレルゲンが考えられますが、今年からアレルギー発生してしまったのか風邪で弱って一時的にアレルギってるのかどちらか。
どちらにしても嫌な話だ。
結局、文鳥の餌やりには、ねこさんに行ってもらいました。
アイス奢るから、と言いくるめた。
奢るから、といいつつ自分が食べたかっただけともいう。



ディーラーリストが本当なら先週発表されてるハズだったのに、ホビコン公式サイトでは音沙汰ナシ。
なので、「猫鯖のパテ缶」さん「カトちゃんのアンタもスキねェ!」さんが作ってくれるに違いないと信じてたら開通してた。
流石、カトちゃんさんだぜ!(・・・こういう場合敬称つけないほうがええのんか?)
HOBBY COMPLEX 05-神戸参加ディーラーリンク集(卓番順)
公式サイトよりも頼れるサイト。
お世話になります。

ところで、ざっと見た感じガレキディーラーが多いねえ、流石に。
N,T,Uが中古屋かと思うのですが、どうなんでしょうか?


2008年10月18日 (土) | 編集 |
最初に断っておきます。
今現在風邪ひいてるんで、最近所々記憶が飛んでいます。
「・・・ハッ、今何やってたんだ?」という感じに。
だから「民主党はエロゲー規制しようとするので、嫌いです。」という名前になってたのもしばらく呆然と見てました。
「ああ、そうか、改名したんだっけ。」と思い出すのに時間がかかる。

風邪の症状が万華鏡のように変わってきて、自分の事ながら面白いです。
1日おきに症状が違ってきてて。
今は咳、喉痛におさまってきてますが。
そこから一向に改善の兆しが見られないのがかなり不気味です。
個人的にはコレ、肺炎にでも変化しているじゃないのかと思うのですが、まだ貰ってる薬が残ってるのでここは「見(けん)」でいこうかと。

で、我がを取り巻く状況ってのはかなり酷く実は帰省されそうになってました。
母「叔父さんの1年忌だから、用意してなさい。」
「ゴホゴホ(このときからすでに風邪)・・・夜行バスって聞いたけど?」
母「あら、あんた風邪ひいたの?薬もらった?」
「貰った(鼻声)」
母「そう。じゃあ明日の夜20時に駅で叔母さんと待ち合わせだからね。」
「( ゚д゚)ポカーン 」
「('A`) 同行者へ。風邪ひきました。」とメール。
母「さっき、同行者からとうやが風邪ひいてるのなら連れて行くのはやめたほうがって言われちゃったわよ。どうするの?いけるの?いけないの?」
「病人を連れて行こうというその思考が凄えよ、アンタ。」
母「あんたが帰ったら叔父さんも喜ぶと思うのに(生きてて田舎に住んでる方か、故人の方かは不明。)」
「母さん、今の状態で田舎に連れて帰られたら私の方が死にそうです。」
母「・・・そう。今回はやめとくの。いいわ。じゃあ文鳥の世話やりお願い。
風邪ひいてる人間を電車に乗せてそこから20分歩けと我が母君は申しております。




ねこさん「ホビコンの版権どうなった?」
「どうなったも何もあれから進展ありませんが何か?」
ねこさん「・・・え?それをどうにかするのが君の仕事じゃないのかね?」
「・・・ねこさんや。あなたは十分承知でしょうが、あなたの相方は風邪をひいておられるのですぞ。それに版権の結果が遅いのは解ってた事だし。
ねこさん「絶対忘れてるだろうから、メール出しといて。
「ねこさん?あの、我輩風邪ひいてますが・・・。」
ねこさん「じゃ自分で出すからやり方教えて。」
『('A`) 人に教えて一々指示すんのと自分で出すのじゃ自分でメール出した方がええわな。』
「・・・出しとく。」

14日に出したメールの返答、未だナシ。
版権の事をちゃんとやってくれないと、事務方としても「ホビコンGKというイベントに行こう!」と相方を説得できないのでどうか仕事はちゃんとこなしててください、事務局様。

「ホビコンGKってのがあるらしいよ。」
ねこさん「東京?行く気無いわ。」
「でもガレキオンリーだよ。」
ねこさん「とはいえ、版権降りるの?このイベント」
「ぐっ・・・。今QMAのルキアいい感じに出来てきてるじゃん。その時に初お披露目しようや。WF前にさ。」
ねこさん「しかし今神戸の直前で版権降りてない状況なのに初めての版権物申請って怖すぎて出来ないよ。イベント3日くらい前に「版権降りました。」と連絡来てもどうしようもないし。
こういう風に切り返されると、ぐうの音も出ません。


2008年10月18日 (土) | 編集 |
アクロイド殺し アガサ・クリスティー読了。

フェアかアンフェアか?で話題になったこの本。
事前知識無しで読んだらかなり衝撃的な内容だったろうな、と思います。

あらすじ。
平和な田舎町でとある富豪の未亡人の死体が発見される。
医師である主人公が診た限りは、睡眠薬の過剰摂取。
主人公の姉・キャロラインはしきりに「夫人は1年前に亭主を殺し、その悩みからとうとう自殺に陥った。」と推理する。
未亡人と交際していた地主は、夫人の死後に彼女から一通の手紙を受け取った。
それには、彼女の夫殺しを知った者によってこの1年間脅迫されていたという事実とその脅迫者の名前が書かれていた。
その夜。
地主・アクロイドの死体が発見される。

以下、ネタばれ。
アンフェアと騒がれたというので、
隣人は、実はポアロじゃなかったw
美しき姪が冷酷な殺人者だった
あの時代にはタブーとされた(と聞いた)使用人が犯人
叙述トリック
殺人に見せかけた自殺だった
通りすがりの人間が犯人
などなどを考慮しながら読んでたのですが、案外普通でした。
とはいえ、筆者=ジェームズ医師が犯人だとは見抜けませんでしたが。

序盤などに「?」と思うような箇所は多々あったのですが。
「この未亡人の死がこの先の事件につながると本能的に感じていた」
「未亡人が生きてた頃に、夫人が熱心にラルフに何かを話しているのを見て不安に思った。」
「部屋を出る前に何かやり残した事はないかと思案した。」
などなど。

海外のこの時代の他の作者の本は読んだ事なかったのですが、アガサはかなり変化球の作品を書く作家だと思いました。

私的には「恋に落ちた愚か者。」などの発言やら、愛するフローラの婚約を取り消したいが為に結婚することを勧めていたロジャーを殺し、恋のライバルラルフを殺人者に仕立てたのでは?という線でブラント少佐を疑ったりしたのですが。
で、共犯はフローラ。
彼女の「この時点で叔父は生きていた。」発言によって捜査がかき回されたので。
しかし、録音機のセールスマンが来ていたという発言から「生存していたと見せかけた録音トリック」だと感づきましたが。

作中でセシル夫人の鬱陶しさがかなり際立ってましたね。
兄弟仲は知りませんが、弟の未亡人とその子(姪)を引き取っただけでもいい方なのに「請求書についていつもいちびられた。」って愚痴られると、ロジャー・アクロイドに同情してしまいます。
セシル「フローラは2年程前に初めて会った叔父に愛情は抱いてなかった。」というのは、ロジャーだって当てはまるだろうに。
やたら金請求してくるやっかいな母子を引き取ったなーって後悔してたんじゃ?
見栄ばかり張ってて、事あるごとに「あの人は大金持ちなのに、私たちに金を支払うのは渋った。」っていうのも当たり前じゃん。
銀製品泥棒、金泥棒(「上質な毛皮をプレゼントしよう。」と言われたら態度が一変するほど)の金に固執した母子(彼女達がどんな酷い扱いを受けていたのかは時代背景的に知りませんが。)をまとめて面倒みようとするブラント少佐の男気に乾杯。

義理の息子は息子で、金遣いが荒いわ、自分に内緒で使用人と結婚しているわ、挙句に信頼していた医師に殺されるわでロジャー・アクロイドは本当に可哀想な人でした。


2008年10月14日 (火) | 編集 |
Z74です。

壁です。
島流しです。


風邪ひきました。


2008年10月13日 (月) | 編集 |
2008_0927oku0034.jpg
2008_0927oku0038.jpg
滅茶苦茶ガン付けられてます。


2008年10月13日 (月) | 編集 |
名探偵の呪縛 東野圭吾 読了。
ちょっと変わった趣の小説「名探偵の掟」の正統な続編かと思いきや「掟」での毒を孕んだ推理小説批判はなりを潜めて、どちらかというと普通の小説。
掟との類似点は「天下一名探偵」が出るくらい。
一応、この呪縛を読む前に掟を読んで欲しいです。
掟のネタばれもちょっと含んでるので。
あと、この名探偵シリーズは、掟と呪縛を読んで初めて完結じゃないかと。
笑いを求めるだけなら掟だけでもいいのですが。

あらすじ。
「私」は訪れた図書館で奇妙な感覚に囚われる。
歩けど歩けど出口は見当たらず、まるで迷路に迷い込んだような。
今まで無かったはずの螺旋階段を登るとようやく一人の少女に出会えた。
彼女は無垢な笑顔で私に駆け寄った。
そして「私」の名前ではない男の名で「私」を呼んだ。
「天下一さん。」と。

以下、ネタばれ含む感想。
バレというか、もう大体予想は付いてますが「私」は「名探偵の掟」を書いた、天下一名探偵を生み出し、最後には殺した作者自身。
「記念館」の地下室でのミイラは、過去作者に殺された天下一のなれの果て。
ただ、天下一はミイラ化しているのに対して殺人者にされてしまった(別の事件ですが。)大河原警部はまだ警察に所属しているのが謎でしたが。

「運が良かったんだろう。」
「考えが浅かったんだろう。」
「足が速かったんだろう。」

の3タテには笑いました。

世界観などは大体解ったのですが、個々の殺人トリックは解りませんでした。
最後の話で皆殺しにするつもりだというのは先読み出来ましたが。
本来の推理小説なら「安直だ。」と罵倒されるような公に発表できない(動機など)のを「天下一シリーズなら解ってくれるかも。」とこれを出版したのでしょうか?

正直、この本についてはあんまり語る部分無いのですが「名探偵の掟」で本格推理小説に対して「決別」した形で終わったものの、この「呪縛」では「それでも私は推理小説が大好きなんだ。」というようなオチで終わったのは救いだと思います。

特別派手などんでん返しもなければ、連続殺人事件ものでもない。
なんていうか、どぎつい味の美味なる食べ物じゃないけれど、いつも食ってるお茶漬けのようなアッサリ味というような感じの本。


2008年10月12日 (日) | 編集 |
版権について。

ホビコン神戸の版権状況。
9月末の時点で、ひーらーは「進行 可」になってます。



すてぃーるは?
※ 同じ版元様。同じ作品。
(尚、10月12日現在、すてぃーるについて連絡なし。)

>版権系の書類を7月下旬に発送いたします。




7月下旬?!

様々な不安要素。
つくづく「マイページ」が使えないのが痛いです。
前の時には連絡来なかったけど、マイページで「ああ、版権降りたのか。」と確認できただけに。
以前も使ってない方のメアドにメール届いた事があったりと色々アレです。
今週、私事で忙しいので出来れば近日中に連絡が取れるといいのですが。


2008年10月12日 (日) | 編集 |
ジャンルは小説ではなく、TVドラマだけど。
安楽椅子探偵第7弾「忘却の岬」(公式)

ミステリーにハマって日が浅い私ですが、タイミング良く本格推理ドラマ「安楽椅子探偵」がTV放送されると聴いて期待しながら見てみました。
(今までは本格推理というジャンルはあまり気に留めてなかった。)

以下、ネタばれあります。
出題編。
直接見たわけじゃなくDVDに録画していたのを昨夜見たのですが、それでも寝オチしそうでした。
なんか淡々とすすんでいくというか、山場に欠けるというか。
それでも2時間ドラマの急展開オンパレードよりも推理ドラマっぽく良かったのですが。

暴言吐くと、伊武氏に絡めて「X星人」やら(ゴジラ FINAL WARS)、主演の津田氏に絡めてガメラが出てきて(小さき勇者たち~ガメラ~ ※主人公の少年と2人で暮らす大衆食堂を経営する父親役だった。劇中、彼の作るチャーハンがかなり旨そう。)2大怪獣大決戦!でも良かったような。
それほど解決編のあのノリは見ていて苦痛でした。
あと、あのオチもなあ・・・。

たまたま運転手が席を外していた所に15分ほどで着く道を何故か時間をかけて歩いてきた被害者(何をしていたのか作中で明らかにされてない)がたまたま居合わせた犯人に撲殺され、その後は超スピードで遺体を押入れに隠す為に中にしまわれていたケースを引っ張り出して押入れ内の椅子に座らせてとっとと台所に戻って通常通りに夕食の準備をして、静まった頃に遺体を押入れから引っ張り出して移動用車椅子に乗せて通常片道15分のあぜ道を死体押したまま歩いて岬に放置して(帰ってくる途中かどうか知りませんが)電話線切りに行って帰って普段どおりに振舞ってました、ってのがなんだか。
しかも連続殺人犯だとか殺害に慣れていたのならともかく、これが初犯。
あまりにも鮮やかな殺害&隠蔽工作に惚れ惚れします。
解決編のギャグでの「森の奥から殺人鬼が現れた。」でいいよ、もう。
で、果たして誰が生き残る事が出来るでしょうか?で。

何故コーラが無造作に並べられてたのか?
明らかに備蓄用でもないコーラが。
冷蔵庫に何か秘密の物でも入れてそれが入ってたがために「通常冷やして飲む」炭酸飲料すらも外に放置されてたのか?
(三流ホラーなら冷蔵庫には何かの死体が入ってたりするのですが。)
あと、息子が何故かコーラを手に主人公の部屋に乗り込んできたりとか。
家政婦達の夜食?がラーメンだったりと、これはただ単に「この一家はジャンクフード好きだったんだよ!」「な、なんだってー!!」で片付きましたが。
深夜、水を求めて台所に来た主人公の冷蔵庫を開けるのを阻止したのは、キッチンドリンカーだった奥さんが酒を求めてたまたま鉢合わせただけというのもなんだか。

降水確率80%を外す天気予報とか。

凄い免震構造だったので震度4にも気づかなかったのだとか。

短時間で力の弱い家政婦が大の男(しかも死体)を押入れの中の椅子に座らせることが出来るという時間と体力の矛盾。
せめて押入れの上の段ではなく、下の段なら体力的にはまだ納得出来た・・・のか?
長年、家の主の世話をしてきてヘルパーのような役割をこなして男の体を持ち上げる技術を持っていたとしても(劇中そういう仕事をしていたのかとかは無かったですが)抱えあげた時に血は付着しそうだが、衣服の何処にも汚れがない。

15年前の父殺害事件で、血のついたブロックを拾ったがために犯人と勘違いされたのに、真相はもみ合っているうちに倒れこんで頭打って死んだとなってるけど、血のついた問題のそのブロックは主人公が拾う場所までたまたま転がったのかとか。
ってか、ここよく見ると人が隠れてたんですよ!だとか。

意味ありげなオープニングだとか。
(一人で足滑らせて転んで記憶喪失になったというアホなオチでしたか。)
大きなマスクと都合の良い記憶喪失で、他人がなりすましているのだと思ってましたよ。

舞台が2007年にしては古臭い服ばかり着ている出演者たちだとか。

殺した相手の携帯の電源くらい誰でも切るだろ、とか。
(今の時代携帯持ってない人の方が珍しいくらいだから簡単にポケットを探って携帯チェックするだろうし、被害者が携帯を使っているのを見た事が出来たのが犯人だとは限定できないハズ。)

まぁ、色々ツッコミたい部分がかなりあったのですがただ一言。
今度見るとしたらマジメに見ません。
一緒に見ていた奴は解決編のノリがついていけず「今度も前のも見る気おきん!」とボヤいていましたが。


2008年10月11日 (土) | 編集 |
いつもはそんなことしないのですが、某作品の最後に載っている他作家の「解説」を最初に読んでしまいました。

ネタばれされたOTL
バレ書くなとは言わんが「バレ注意。本書見てから読んでね。」くらい書いておけよ。
(注・ちゃんとした作家なら書いてる「この解説には本書のトリックについて言及しています。」など。)

なんか悔しかったので、毒皿の勢いでその解説読んでみたが「自分の方が先に思いついたネタだったんですよぉ。自分のプロットをその時にはボツにしたのですが、数年後に手を加えて復活させました。どれか解ったらこの本と見比べてみてください。ちなみにこの本第一幕の途中で全てが解ってしまいました!」という自慢なんだかよく解らん文が連なってた。
それから先は読む気しなかった。

文章がくどいなーと思い、その作家を検索してみたら(某トリック)しか使わない(使えない?)作家だというのが判明。
ちなみにその中の作品の1つは、以前本屋で見かけて買おうかどうしようか迷った本だった。
あの解説見てからじゃあ、こいつの本はもう買う気無いです。
同業者で、尚かつ自分もよく使うトリックなんだからネタばれされたら嫌だろうなーくらいは配慮しとけ。
その文にも書いている通り「人間が小さい」やつめ。

つうかこんな文章、そのまま載せんなよ講談社。


2008年10月10日 (金) | 編集 |
CHARA FORTUNEシリーズ モンスターハンターポータブル 2nd G アイルー占い BOX(仮称)《予約商品02月発売》(あみあみへのリンク アフィに非ず)

>全12種(内シークレット2種含む)よりメーカー規定の比率に従い封入

>「モンスターハンターポータブル 2nd G」からあのアイルーたちがキャラフォーチュンシリーズで登場!毎日の狩猟生活をアイルーたちが占ってくれます。カニカン付きのマスコットになっているので、身につけて持ち歩けます。それぞれアイルー、メラルーの毛並みタイプに加えてシークレットを2種ラインナップしています。
(種類数は、生産商品全体での総種類数となります。販売商品には、そのうちメーカー規定の比率に従い封入されますので、商品によって全種揃えるために必要な購入数は異なります)

またもやこんなキャラグッズの情報がひっかかりました。
今度は馴染み深いデフォルメアイルーの顔。
某デザイナーとのコラボの凶悪 個性的なものと違ってアイルーファンも買いやすいのではないでしょうか?
私も買うかどうか悩んでます。
(シークレット有りというのが悩みの種。ああいう方式嫌いなんで。)

ところでシークレット2種ってなんなんでしょうか?
一瞬トレニャーさんかと思ったのですが、彼には色違いが存在しないしなあ。
トレニャーさんとネコートさん?
と、ここまで書いて鎧着たオトモアイルーの存在を今思い出した。


2008年10月10日 (金) | 編集 |
十字屋敷のピエロ 東野圭吾 読了。

私が一番最初に読んだ東野作品は「名探偵の呪縛」というちょっと変り種の作品。
その次に読んだのはこの「十字屋敷のピエロ」
名探偵とはうってかわって、マジメな殺人推理物。

あらすじ。
とある、十字屋敷と呼ばれる館で起きた女主人の投身自殺。
その事故を見ていた一体のピエロ。
ピエロは「悲劇を呼ぶ」と言われるいわく付きの人形で、女主人が投身自殺する数日前に彼女自身が購入した物であった。
彼女の四十九日。
またしても館内で血が流れる事になる。
その場にはやはりピエロがひっそりと佇んでいた。
事件は、館の関係者・水穂とピエロの視点で進む。

感想。
さくさくと読め、人物名なども軽く頭に入ってくるという印象。
推理物はまず人の名前を覚えるのが難解なだけにかなり読みやすいという感じが。

以下、ネタばれ。
酷いミスリードもなく、簡単に話が読めてしまう罠。
中盤で警察が「犯人が判明した!」というのですが、それがフェイクであることは本の残りを見れば一目瞭然。
悲しい事です。
アレで本当に終いだったら(ブーイングを受けるかと思いますが。)新しく面白い試みじゃないかと。

初めて推理物で「本当に足が不自由な」キャラを見た気がします。
最後の方まで「実は歩けるんじゃねえの?w」と勘ぐってたのですが。
しかし事件の首謀者だった事は読めました。
足が不自由だからといっても聡明な少女。
そして所々に出てくる「以前は彼ら(父と憧れの人)に好意を持っていたが、ここ最近は心境に変化があった。」と読めてしまう文。
「私は無力なんかじゃない。足が不自由だといっても、いろんなことが出来る。」という発言。
大好きな母を殺したやつらに対して平常通りに装うというのはかなりキツイものがあったと思うのですが、恐ろしく強い精神力だ。

ピエロは一見フェアに見えて読者をミスリードさせようとする小道具。
これにはしてやられました。
ピエロの視点からの真実も面白いものですね。
実際に見ているピエロが間違えるわけがないという変な思い込みがあって。

一族の関係者がどの辺まで事件に関わってるかは解りませんでした。
家政婦がやたらと外部犯に仕立てようとしたのには、一族の長・静香が関わってるんじゃないかと思ったのですが。
あと、佳織が水穂を館に引きとめたのは、自分の有利な証人にするつもりだろうかとか或いは殺害するつもりだろうか?とか。

最後の「全部終わったわよ。」という文が無い方が良かったかなと感じました。
果たして本当に可憐な少女は事件を操ってたのか否か?とミステリアスな部分が残ってると面白いのじゃないかと。
事件のヒントが載ってる本を貸したり、不自然な証言(母は飛び降りる前に人形に触れた。)があるので、事件を知ってたんだろうと読めるのですがね。

ミステリーにありがちな「ページかせぎなのか読者を混乱させようとしているのか知らんが、無意味な紆余曲折」が無いスマートな作品だと感じました。
ミステリー読み始めようかと思ってる人にお奨め。


2008年10月09日 (木) | 編集 |
PSP®「プレイステーション・ポータブル」から直接利用可能な新サービスPlayStation®Store10月15日(水)サービス開始~『まいにちいっしょ ポータブル』をはじめ、250以上のコンテンツがPSP®から直接入手可能に (ソニー)
いやっほおおおおおおおぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!
とうとう「まいにちいっしょ」がPSPに来る日が決定したですよ!
(新型PSPの発売とあわせるだろうなとは漠然と思ってたけど、今までは「秋」としか発表されてなかった。)
「トロ・ステーション」が見られるだけなのかという危惧もあったのですが(なんせPS3のキラーソフトなんでw)そういう事はなさそうですね。

自社制作のPSP専用ソフトウェアは、今後ダウンロード販売も行う模様。
個人的には、UMDを手元に残しておきたい派なのでこのダウンロードが果たしてどれくらい利用されるのかは不明。
モンハンなどでもチートやってるのかどうかでもオフ会でUMDチャックされるとかいう話も有りますしね。
今のところダウンロード販売はソニー製だけの話なんですが、多人数でワイワイやるゲーム(見知らぬ人とも気軽に出来るタイプの)は特に「購入した証拠」としてUMD販売だけにしてもらいたいとは思います。

あと、モンスターハンターポータブル 2nd G PSP® the Best(ソニー)
>発売元:(株)カプコン
>発売日:10月30日
>希望小売価格:2,990円(税込価格3,140円)
>CERO年齢区分:「C」(15才以上対象)

ついこないだ出たようなソフトがもう廉価版って早すぎじゃないですか?
狩りに出てるハンター達が飽きてきたという今、新たな狩人が増えるというのはいいことなのかも知れませんが。
そういやG級アカムを最後にダウンロードクエスト配信されてませんね。
アレで終いなのでしょうか?

追記。
ファミ通で「モンスターハンター3(トライ)」の体験レポが上がってた(ファミ通)
まぁ、詳しいことはあちらさんを見てもらうことにして・・・一言。
やっぱり使うのか、リモコン&ヌンチャク。


2008年10月08日 (水) | 編集 |
<こんにゃくゼリー>マンナンライフが製造中止(ヤフーニュース)
色々と事故のあったこんにゃくゼリー。
とうとうマンナンライフが製造中止を発表しました。

最近あった事故での1歳以上2歳未満の子供が喉に詰まらせた(んだっけ?)というのが、この製造中止を決定させたようです。
しかし、個人的には食べた事ないし、子供居ないのでピンとこないのですが、散々話題になってたこんにゃくゼリーを子供に食べさせるって親ちゃんと注意文読んでなかったのかと。
この事故が起きるちょっと前にニュースでもやってましたよね。
「(マンナンライフじゃなかったけど)こんにゃくゼリー製造会社、喉に詰まらせた子供に7000万円の賠償責任を認める判決が出た。」と。
最近の若い親はママ友との携帯メールばかり見てなくってこういうニュースも見ろよ。
ベビーカーを押している若い母親ってもれなく携帯いじってるんですが、彼女たちの動力源なんですか?携帯ってのは。

ってか、こんにゃくゼリーよりも餅の方が遥に死人出てるんですがね。
毎年「餅を喉に詰まらせ死亡」ってのを聞く気がする。

ちなみに確かこの製品って注意文を袋に書いてましたよね。
喉に詰まる危険があるから、年寄り子供は気をつけろ、と。
親御さんってのは、一日中子供の面倒見て大変なんでしょうが、彼らを守れるのは親しか居ないんだからもうちょっとちゃんと注意してあげて欲しいと思うんですよ。
子供の頃、指をカッターでバッサリ切ったり、川に落ちて流された馬鹿としては。
指の怪我は、えらい深く切ったようで今でも押すとちょっと痛いです。