FC2ブログ
猫とか、フィギュアとか、ボードゲームとか基本的に駄文。
2017年02月03日 (金) | 編集 |
フィルマークス始めました。
見た映画の感想とかぼちぼち書いてます。
スポンサーサイト


2015年07月26日 (日) | 編集 |
なんか知りませんが、最近ゾンビ映画見てます。
多分、シティオブホラーの影響だと思います。
ロメロ作品のゾンビを見て、ドーンオブザデッドを見て、ゾンビランドなど若干違うタイプのゾンビ映画まで見て、とうとう「ウォーキングデッド」まで手を出しました。
ウォーキングデッドは胃にキリキリきますね。
人間同士のいざこざがもうアレすぎます。

そんな中、また違ったタイプのゾンビ映像を見てます。
「Zネーション」
製作、アサイラムのTVドラマです。
アサイラム。
もうこれだけでB級映画ファンにお察しのアレです。
一風変わったゾンビ映画なのですが、下記の画像は作品の1シーン。
避難先でハリケーンに見舞われる一行。
なにやら不穏なモノを巻き上げているのを発見。
DSC_0790.jpg
「ゾンビか?」
そう、この世界のゾンビはハリケーンに巻き込まれて空まで飛びます。


それに対する返しが秀逸。
DSC_0791.jpg
「ゾンビね、少なくともサメじゃないわ
サメがトルネードに巻き込まれて人を襲うという「シャークネード」という映画がありましてな。
これがいいたかっただけじゃろ、と言いたいシーン。

他にも、
DSC_0792.jpg
「ゾンビ津波だ!!」
降鮫量、積鮫量並みにワケがわかりません。

こんな、一味違ったゾンビ映画「Zネーション」
若干シナリオがアレで会話の翻訳がへたくそだなと思う所もありますが、何も考えずにゾンビ映画見たい方はどうぞ。


2014年04月19日 (土) | 編集 |
【ゴーストシャーク】
人間に殺されたサメが幽霊となって復讐するというもの。
自分を殺した人間2人は早々に殺すのですが、やつあたりなのか人食いサメとしての習性なのかむやみやたらに人を襲います。
始まって5分で幽霊化するとか、そのCGがしょぼいとか不満は色々。
プールパーティで人が襲われるシーンもギャグっぽいです。
しかし、人が続々殺されるというのはモンスターパニック物としては良いですね。
CGがショボイのが難点ですが。
あと、突然サメが幽霊とかすごい設定。
洞窟内で死んだ生き物が復活するとか。
妹がバスルームで襲われて湯が血で真っ赤になって「死んだ?」と思ったら、あっさり生還
というか滅茶苦茶傷が浅い
片足をびっこひくくらい。
エエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエ?
サメを退治しようとする主人公と同行する市長の息子ってのが居るんですが、こいつが腹が立つ。
サメは水のある場所から出てくると解ったくせに、火のついた煙草をゴミ箱に入れてスプリンクラーを動かしたり。
しかも自分が元凶だと気づいて無いとか。
あっさり死にましたが。



【ボルテックス 巨大生物総進撃】
ここ最近見た中での一番の問題作。
いや、ここ最近っていうか今まで見たB級映画の中で最低最悪でした。
わざとふざけて作ったであろうキングスパイダー並み。
セリフのセンスの悪さとかはいうに及ばず。
ワームホールを研究している博士が行方不明になったので、その探索チームが結成されたのだけど巨大昆虫に襲われてという話なんですがこれがまたとんでもないというか。
謎の古代文字を解読しようとした女兵士(ヒロイン)が突然放心状態。
元カレである主人公が彼女を正気に戻すべくとった行動は・・・キス(ズキューーーーン!!)
キスと催涙ガス(何故か洞窟内爆発)で正気に戻ったヒロインは「私の母性本能を使って、守らそうとしていた」と発言。
( ゜Д゜)ポカーン

途中、ゲリラと遭遇して戦闘になったときにお互い武器を持っているのに何故か殴り合いとか。
巨大蜂に襲われた時に兵士が2人胴体を真っ二つにされたときのCGのショボサとか。
色々突っ込みたいところはあるのですが、一番アレなのはラスト。
おかしくなった博士がクリスタルを使って大蛇に変身したとき。
しかも、ワームホールを閉じるためには、博士ヘビで蓋をしようということになってヒロインの今カレもクリスタルを使って大蛇に変身とか。
結局、2人(2蛇)共、ワームホールに飲み込まれて、消滅に成功したのですがヒロインも婚約者を失って全然悲しまないとか。
全然盛り上がらないまま終わりました。


2014年04月16日 (水) | 編集 |
最近見たB級映画の簡単な感想。
ネタばれとかラストとか書きまくってるので注意。















【新アリゲーター新種襲来】
化学薬品(みたいな青い酒)を沼に捨てた所、そこに生息していたワニが凶暴化。
硬いわ、凶暴だわ、尾の棘を飛ばすわ、こいつの肉を食ったら人がワニになるわ、噛まれてもワニになるわでもうどうしようもない映画でした。
主人公の女と恋仲の男以外は皆クソ人間。
どうしようもない人間どもでした。
途中、主人公の父がワニになって、目の前のワニが父であると見抜いて「パパ。私が匿うわ。一緒に来て」とかコミュニケーションが取れたり。
ワニとなった父親も人間時代の記憶が残ってたり。
ここ伏線。

結局、主人公以外は全滅。
ワニ化した恋人とその子と幸せに暮らしましたとさ。
男がワニに噛まれた後、まだ人間だった時にギシアンしたので、ワニ人間が生まれると思ってました


【スパイダーシティ】
地震で出来た地割れから蜘蛛がワラワラ出てくるという映画。
このクモも特殊でミサイルが通じないとか、人の体内に産卵して皮膚をつきやぶって繁殖するとか、火を噴くとか。
ターミネーター2で、主人公ジョン・コナーを演じたエドワード・ファーロングが出演しているというので若干興味あったのですがまさかこんな酷い出来の映画だったとは。
序盤、蜘蛛に襲われるシーンがCG節約かしょっぼい、しょっぼい。
踏み潰せそうな大きさの蜘蛛1匹がせまってきたのに、むやみやたらにビビってやられるとか。
銃を持ってる父親が何故かその銃を息子たちに渡して生身で蜘蛛をひきつけるとか。
船で逃げようとしている時にまだ安全な時に女性観光客が突然ファビョってむやみやたらに操縦して主人公の妹を川に叩き落した挙句、船を追突させるとか。
蜘蛛に襲われるのが目的とはいえ、もうちょっと考えて行動しろよとか、主人公連中に魅力がないってのもイライラします。
女王蜘蛛が殺された途端に、他の蜘蛛が一斉に死ぬとかもう色々と。


2013年03月20日 (水) | 編集 |
ダイナソー・プロジェクトを見てきました。

吹き替えなし、ブレアウィッチ並みのゆれる映像だったので、ほとんど直視できませんでしたのであまり感想らしい感想はかけません。
※多分、大丈夫だったかと思うのですが昼食前だったし念には念を入れて。

ツイッターとかでは割と酷評されてますが、個人的には「ステレオタイプなB級映画だな」と。
個人的には、あのゆれる素人カメラの演出はどうにかしてくれ、せめて吹き替えがあったのならと思いました。
クローバーフィールドの時には吹き替えがあったので、ゆれる箇所はほとんど視線を合わせなかったのでなんとかなりましたが。

以下、ネタばれ。
[続きを読む...]