FC2ブログ
猫とか、フィギュアとか、ボードゲームとか基本的に駄文。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
2016年08月27日 (土) | 編集 |
DSC_2401.jpg
思ったより小さいw
味は・・・普通でした。
やっぱコラボ商品は割高っすね。
スポンサーサイト





2015年02月09日 (月) | 編集 |
トゲトゲの部分をどうやって塗装しようか迷いましたw
ガレキなら適当なところに穴開けてブスっとさせばいいんですが、今回はクリップを使い、2度3度と塗装するという(私にとって)激しく面倒くさいことやってました。
トゲの先端の色を若干薄く塗らないとダメだし。

例によって「調色はしない。販売されている色を利用」というやり方でやりたかった・・・のですが、全体の緑の淡い色は調色しました。
それに伴いトゲの先端も。
かといってそんなにややこしいつくりはしなかったのですが。
006_201502091502545ba.jpg
009_20150209150255ea6.jpg
010_20150209150256251.jpg
013_2015020915025847f.jpg
尻尾の火の玉部分、もうちょっと赤みがかってるんですよね。
この辺は失敗したかもです。
ベースは面倒くさい・・・自然のままでということで色塗っていません。

こっちは、クリスマスプレゼントとしてサンタさんがくれたBigり!ジバニャンです。
どんだけデカいのか判りにくいと思うのですが、隣のウィスパー(ジバニャンの付属品だという不遇自称妖怪執事ェ・・・)が今までのプラモシリーズと同じ大きさなので、手元に妖怪ウォッチプラモデルを持ってる人はわかりやすい目安かと。
003_20150209150253465.jpg
ウィスパーは塗装、ジバニャンは素組です。
ジバニャンには色々とギミックがあるので塗装するより素組の方が遊ぶのに向いているかと思い。
目の玉がスライドして替えることが出来るんですよ。
ウィンクさせたりできます。

今んとこ妖怪ウォッチ関連のプラモは全部積みを崩したのでまったりしていたのですが、8日に行われたホビーフェアで狩友から「お前の為にブシニャンメタリックカラー限定プラモ買ったから作れよ?あ、1380円な」と連絡が来たので、次はそれを作る・・・か・・と・・・思います・・・(´Д⊂)

ちなみにメタリックならそのまんま素組でもいいですよね。


2015年01月26日 (月) | 編集 |
024_2015012611021418d.jpg
028_2015012611021242c.jpg
027_20150126110206ebc.jpg
021_2015012611020462a.jpg
017_20150126110203d57.jpg
037_20150126110346a57.jpg
032_20150126110343526.jpg
044_20150126110338300.jpg
即予約完売だったジバニャンのクリスマスケーキ。
たまたま近所のスーパーでラス1だったので予約できました。

ケーキとしてはまぁ普通でした。
メダルはまだ読み込んでないのですが、こういう限定メダルってまた欲しがる人が殺到しそうで複雑な気持ちですね。

031_201501261103432ba.jpg
ちなみにクリスマスプレゼントは「BIGり!ジバニャン」でした。


2014年11月13日 (木) | 編集 |
プラモデルを作る、ってよりも組んでみたって言う方がいいじゃないかと思ってきた。
この間のアニメでも出てきた、ガブニャンです。
マントが可動式になっていて、ちょっと豪華。
口も上下にスライド可能です。
ただし、ジバニャンの頃にあった顔の差し替えパーツは無いです。

048_20141111185940603.jpg
053_20141111185939194.jpg
下半身変化バージョンはあります。
が、アニメでもなかったし、公式設定なのでしょうか?

055_201411111859393f1.jpg
058_20141111185937616.jpg
060_201411111859379ce.jpg
061_2014111118593854d.jpg

つや消し吹いた方が良かったのかとも思ったのですが、これまでのやつ全部吹いてないし統一感出すために放置。


2014年11月12日 (水) | 編集 |
改造ってか、色をメラルーカラーに塗っただけの手抜きです、ハイ。
アイルーニャンを作っただけでは物足りませんでした。

025_20141111185604694.jpg
028_20141111185605e8b.jpg
ちなみに家に狩友が来たときの話。
「おっ?ダークニャン作ったのか」
「うん、そうs・・・って、
029_20141111185605156.jpg
違うわっ!!Σ(゜д゜;)」
036_2014111118560617d.jpg

・・・
039_20141111185607a06.jpg
似てる、な・・・。
044_2014111118560754d.jpg

まぁ、この調子で言ったら普通にダークニャンプラモデルも販売されるでしょうが。
とりあえず、トゲニャンは予約しましたし。