FC2ブログ
猫とか、フィギュアとか、ボードゲームとか基本的に駄文。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
2012年05月18日 (金) | 編集 |
今回開けたパックは新たなるファイレクシア(2パック)とエルドラージ覚醒(2パック)と基本セット2011(1パック)を合計5パック。
恒例のアンコモン・レアなどを紹介。


古えのヘルカイト
裏切りの本能
攻撃的な行動
CIMG1553.jpg


シルヴォグののけ者、メリーラ(伝説のクリーチャー)
棍棒のトロール
抑え難い餌食
非道の総督
緑柄の練習生
CIMG1555.jpg


光雷原
英雄の時
生き残りの隠し場所
CIMG1557.jpg


マーフォークの空偵者
護衛のゴーマゾア
ジャイスの創意
こだまの魔道士
CIMG1558.jpg

アーティファクト、土地
鎌切り
魂の導管
魔術師の金庫
際限無き成長の祭殿
ファイレクシアの核
CIMG1556.jpg

あれ?黒のレア無し?

アンコモンながら、護衛のゴーマゾアが地味に使えるかもと期待。
向こうがどんなカードを引き当てるか解りませんが、こちらは1パワー/あちらの攻撃無効というのはかなり優秀な壁じゃないかと。
しかも飛行持ちなので、痒い所にも手が届くという感じ?

全体的な印象としては今回出したカード(コモン含む)どれもこれも重いなぁということ。
古えのヘルカイトもかなり重いけれど、飛行6/6で尚且つ赤マナ1払えば1点ダメージを与えられるというので焼き尽くせるかと期待。

シルヴォグののけ者、メリーラは純粋なファイレクシアデッキで対戦するわけじゃないので能力の「毒カウンターや-1カウンター配置できない」というものがどこまで通用するか疑問。
こんなことなら「磯野ー。ファイレクシアだけでデュエルしようぜー!」と決めておけばよかった。
調べてみたらファイレクシアのハイドラのような-1カウンターを乗せなけらばならないクリーチャーとセットにするのが良いとかかれてました。
・・・が、持っているのはハイドラの英語版。
※対戦相手がハワイへのお土産として英語版のギャザを買ってきてくれた。
それに入っていたものの英語力がない私はそのカードを使う気は全く無いという。

抑え難い餌食の説明で「ブロックしなけらばいけない」と書かれてますが、正式には「ブロックされなければならない」なんですね。
遊ぶ時にこれを忘れそうだ。

スポンサーサイト





2012年05月15日 (火) | 編集 |
ひょっとしたら対戦相手のものと混ざってしまったかもしれませんが。

アンコモン、レアなどを紹介。
緑。
欝後家蜘蛛
貧爪(2枚、内1枚はfoil)
CIMG1547.jpg



消え去り
二人組の見張り番
当て推量
厳格な導師
壊滅的大潮
CIMG1548.jpg


解放の天使
大天使
払拭の一撃
聖戦士の進軍
CIMG1549.jpg


ヘイヴングルの吸血鬼(2枚)
大翼のドラゴン
CIMG1550.jpg


残虐の勝利
マルフェルドの双子
血のやりとり(2枚)
奈落に住まう騙し屋
灰口の悪魔王(2枚)
CIMG1551.jpg



青奇跡・・・いらねぇ(´Д⊂
ってか、最初の7枚の手札に入ってきたときには奇跡もクソも無いというか。
出す機会はありませんでした、ハイ。
今回役に立った物は聖戦士の進軍と大翼のドラゴン
期待してたヘイヴングルの吸血鬼は早々に牙を抜かれましたよ。
吸血鬼なのに牙抜かれてやんの。

思ったよりも血のやりとりが役に立ちました。

そして想像通りというか、奈落に住まう騙し屋は早々に裏切ってくれましたとも。
敵にまわった瞬間に血のやりとりで流してやりましたがね。

前出したカードが凄すぎて今回は微妙だなと思っていたのですが、予想以上に健闘してくれました。


2012年05月07日 (月) | 編集 |
剥いたブースターは5パック。
コモンは省略して、アンコモン・レアなどを紹介。

赤白
黄金夜の刃、ギセラ


黄金夜の救い手
天使への願い
州民の声(foil)
CIMG1536.jpg


ケッシグの不満分子
士気溢れる徴集兵
小悪魔の一団
自警団の正義
魂の最誕
CIMG1537.jpg


血の芸術家
マルフェイドの双子
CIMG1538.jpg


二人組の見張り番
霧の海の船長
掛け金探し
幽霊の接触
虚空への突入
CIMG1540.jpg


イチイの精
吠え霊
ウルフィーの報復者
蜘蛛による摂食
CIMG1541.jpg

アーティファクト
終わりなき休息の器
CIMG1542.jpg

こんな感じ。
まだ対戦していないので使い勝手は解りませんが、ギセラがどこまで使えるのか期待しています。
今回、白が異様に強いですね。
特に結魂システムは凶悪といっていいくらい。
なので、結魂を持たない黒は・・・(´Д⊂

前剥いた5パックは、


ドルイドの使い魔
野生の抵抗
獰猛さの勝利(foil)
防護の言葉(foil)
木陰の小道
CIMG1530.jpg



銀刃の聖騎士
大天使
死の超克
CIMG1534.jpg


掛け金探し
ネファリアの密輸人
厳格な導師
二人組の見張り番
月の神秘家
当て推量
CIMG1535.jpg


轟く怒り
CIMG1531.jpg



残虐の勝利
人間の脆さ
人殺しの隠遁生活(foil)
欝外科医
骨髄コウモリ
脳食願望
CIMG1532.jpg


アーティファクト
終わりなき休息の器
ヤナギの丘の絞首台
CIMG1533.jpg

5パック開けてのシールド戦では、ドルイドの熊と銀刃の聖騎士を結魂させてパワー/タフネスを修正して二段攻撃。
牙抜き(2枚出た)で敵クリーチャーを無効化して、奉仕へのいざないで+修正と飛行、尚且つ刃の篭手で警戒を持たせて・・・という凶悪な行動していました。
2段攻撃強いわ。
相手に使われるとストレスマッハですが。
熊と結魂させずに呪禁持ちと結魂させたりもあり。

他のクリーチャーを翼作りで飛行を持たせたり。
墓場に行ったら行ったで、死の超克でクリーチャーを復活したり。

欝外科医と人殺しの隠遁生活は使い道がありませんでした。
ひょっとしてカスレア?



エントリーセットでも遊んだのですが、こちらが「燃え立つ夜明け」相手が「孤独なる悪鬼」を使用。
コンボが上手く決まり5・6ターン目に黄金夜の指揮官と暴動の首謀者が戦場に出ている時に、
屋根職人の反乱を出して27点ダメージでふっ飛ばしましたw

孤独なる悪鬼は戦場に1クリーチャー居る状態で強化していくという実用には向かないデッキなのですがそれでもこの大差はどういうことなのかと。
人間強いなぁ。

ちなみに「こんなデッキ使えるか!ヽ(`Д´)ノ」と投げた「孤独なる悪鬼」を私が使用して再デュエル。
・・・勝てなかったものの、いい勝負でした。
何回もやったけれども勝てないんですよね。
相手のライフをかなり削ったのですが、こちらが先攻だったら勝てていたという場面になったり。
ってか、私が使用した時には相手が警戒していたのか中々戦場に1体とはなりませんでした。
もしくは強化エンチャント貼っていない時に1体になったり。
どんなものだろうと、カード引かなきゃ勝てねえわ。